【おなかのこと】腸内フローラって最近よく聞くけど

“腸内フローラ”って最近本当によく耳にするけど。。
っていったいなんでしょうか?

まずはフローラの意味から
翻訳的に言うと
flora=全植物

う~ん。どうなんでしょうか。あまりにも意味が広すぎる感じがしますね。
ここではお花畑とでもしておきましょう。

簡単言うと
人間の腸内を顕微鏡でのぞき込んだ時に、お花畑のように細菌が広がっているからこの名前になっているようです。

顕微鏡からみた腸内イメージ

腸内フローラって何?

腸内フローラとは

私たち人間の腸内には、多種多様な細菌が生息しており、それらはなんと、数百種600兆個以上もあると言われています。特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面にすんでいます。
その沢山の種類の細菌を腸内フローラと言うわけです。

善玉菌、悪玉菌などよく聞く言葉、それらが腸内フローラの一部です。このバランスが崩れると体調を崩したり老化進行を早めることになるのです。

【アンチエイジング】善玉菌を増やす方法~おならと食べ物の関係
前回、おならが臭い現象について調査してみた結果、人間には腸内環境を整えることがベストだとわかった。と言っても、具体的にどのようにしたらいいのか?そしてその効...

腸内細菌について

腸内細菌は大きく3つに分類されます。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。
詳しくはこちらから

この3つのバランスがとても大事なのです。

腸内フローラの理想的な状態とされるのは、善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割
このバランスに腸内環境を保つことがとても大切です。

健康なヒトの腸内では、善玉菌が悪玉菌の定着・増殖を抑えています。
また、善玉菌には、有害物質を体外に排出するのを助けたり、免疫細胞を活性化したりするなどの作用もあります。

しかし、この腸内フローラのバランスは、体調・食生活・年齢・ストレス・薬の服用といった、多くの要因によって日々変化します。



腸内フローラのバランスが崩れると




何らかの原因で、腸内の悪玉菌が優勢になると、悪玉菌がつくりだす有害物質も増えます。
この有害物質は、便秘や下痢などお腹の調子を悪くするだけでなく、
腸から吸収されて全身をめぐり、様々な生活習慣病や肌荒れ、肩こり、老化などにも関係するといわれています。

おならが異常に臭くなっているときなどはこのバランスが崩れている可能性が高いです。

【疑問解消】おならが臭い時と臭くない時とその原因とは?
2018年新年第1発目の記事です。新年最初の記事としてはふさわしくないようなタイトル"おならが臭い時と臭くない時~"となりましたが、普段から気になること、...

腸内フローラを整えるには?

では腸内フローラを整えて健康な状態になるにはどうすればよいのでしょうか?
善玉菌の代表ビフィズス菌(乳酸菌)
ビフィズス菌(乳酸菌)は腸内で乳酸・酢酸をつくることで、悪玉菌の定着・増殖を防ぎ、おなかの不調を予防します。
また、乳酸・酢酸には腸の運動を正常にし、下痢や便秘などを改善する、整腸作用があります。

善玉菌を食べ物から摂取

ビフィズス菌(乳酸菌)などの善玉菌は、継続的に腸内に補充することが大切なことです。

  1. 穀物、芋類、海藻など食物繊維が豊富な食品
  2. 悪玉菌の作り出す有害物質を体の外に排出してくれる食物繊維ですが、実は善玉菌の栄養源にもなるのです。善玉菌を増やすサポートもするのです。穀物や芋類、豆類、干しシイタケ、切干しダイコンなどの乾物、オリゴ糖の含有量も多いゴボウなどの他、海草類やコンニャク、キノコ類などにも食物繊維は多く含まれています。

    低糖質レシピはたったこれだけ?!炭水化物をおさえられる秘密の方法
    「しらたき」と「もち麦」を使うだけで低糖質レシピになる一般的に炭水化物は食物繊維と糖質の合わさったもです。食物繊維は必要だけど、糖質は病気やダイエットの天敵...

  3. 大豆、バナナ、牛乳などオリゴ糖が豊富な食品
  4. 食品で摂取した善玉菌や、もともと腸内に存在する善玉菌を増やすのも、腸内環境を整えるために大切です。善玉菌のエサとなり、増殖を促す成分のひとつにオリゴ糖があります。オリゴ糖は特別なものではなく、私たちが普段食べている食品にも含まれている成分です。特にタマネギ、ゴボウ、アスパラガスなどは、オリゴ糖が豊富な野菜です。
    その他に豆類、特に大豆もオリゴ糖が豊富な食品です。納豆や豆腐などを毎日の食事に取り入れるといいでしょう。また、バナナや牛乳、ハチミツなどにもオリゴ糖が多く含まれています。スムージーなどにして、朝食やおやつにするのもよいでしょう。効率的に摂取するには、市販されているオリゴ糖製品を利用するのもいいと思います。

    【体に必要な油のこと】健康に良いオメガ3系脂肪酸の効果
    体にとって油は絶対必要なもの。しかし、一般的に言われている油にはいくつかの種類があります。その中でも、体に必要な油、摂ってはいけない油についてのご紹介。最近...

  5. ヨーグルトなどの発酵乳製品
  6. 善玉菌の代表格のビフィズス菌や乳酸菌と言えば、まず思いつくのがヨーグルトです。市販のヨーグルトには色々な種類がありますが、商品によって入っている菌も、BE80株、ビフィズス菌SP株、ガセリ菌SP株、乳酸菌シロタ株、LG21乳酸菌、ラブレ菌などさまざま。ビフィズス菌(乳酸菌)はそれぞれ働きに違いがあり、個人個人によって相性が合うものもあれば合わないものがあります。腸内環境は、人それぞれ違うため、これらの中から自分のおなかに合ったヨーグルトを見つけることが必要です。どのヨーグルトが自分にベストなのかを判断することは難しいことですが、まずは数日間、毎日200~250グラム程度を食べてみて、排便状態などを確認しましょう。下痢が続いたり、おならが臭くなる事が多くなってきたら要注意です。

【ダイエット効果抜群】玉ねぎヨーグルトの4つの効果とは
最近テレビでも話題となった "玉ねぎヨーグルト" 。私の周りの数名の人たちで数か月間にわたり検証してみました。【core position】中には驚くような効果が...

食品から摂取が難しいかたはサプリメント

外食をする事が多い方や、仕事柄安定した食事環境にない方にはサプリメントでの摂取がおすすめです。
普段不足しがちな成分を補給して癖をつけておくといいでしょう。

現在では国産メーカーだけでなく、海外製品も多く見れらます。
自分にあった製品をみつける選択肢が広がりましたよね。

サプリメントで腸内環境を整えて健康維持を目指している方はこの機会にいろいろお試しすることもいいかもしれません。


自分のことをもっと知るには健康診断や人間ドックをおすすめします。

【保存版】意外と低い健康意識と健康診断料金の関係
日本の健康に対する意識は欧米諸国と比較すると相当低い水準らしく医療技術の先端を行く国としては非常に残念な報告をされている。国民皆保険に甘えて健康管理を怠り、...

ABOUTこの記事をかいた人

人生折り返し地点で最大の挫折。夢を追うことも諦めていたある日、突然奮起。 「中年にも夢を追う権利はある」をモットーに 夢を追う=健康でなくてはいけない方程式をもとに様々な健康法にチャレンジ。 元気になった今、仕事に生活に趣味に精を出している。 好きな食べ物は焼肉と納豆。