肉ダイエットの口コミ、食事メニューは焼肉、しゃぶしゃぶ?

最近口コミでも広がっている肉ダイエット。ダイエットには向かない、ダイエットの天敵と称されていたのもひと昔前のお話。
今では肉ダイエットがあるくらいダイエットの仲間入りをしているお肉ですが、
実際のところどうなんでしょうか?

同量での比較

    メニュー     焼肉    しゃぶしゃぶ
    肉300g     1300k     1200k
 野菜(玉ねぎ、にんじん、しいたけ)    180k    40K
 ごはん150g    150k    350k
 生野菜サラダ    45k    45k
 合計    1675k    1635k
ちなみに
※焼肉の肉はカルビ75gタン塩75gロース75g豚ロース75g
※しゃぶしゃぶ牛肩ロース
※表の単位はカロリー
※男性一人分での計算
※管理栄養士(男性)協力のもと算出

お店やメニュー、タレなどでかなり誤差がありますが、同グラム数の計測ではカロリーに関してはほぼ変わらない傾向です。

比較見出しに戻る

どちらがダイエットに向いているか?

カロリー上ではほぼ変わりはありませんが、
焼肉は高温(肉の表面温度は130~160℃くらい)で肉の余分な脂を落として
脂質を落とします。

逆にしゃぶしゃぶは肉の脂分が落ちにくく脂質を多くとることになります。
肉の脂はダイエットに悪影響を与えているわけではありませんが、
脂をなるべく多く落とすダイエットをしている方には
焼肉が向いているようです。

しかし、しゃぶしゃぶは脂分を多く摂取しているため
腹持ちもよく間食をおさえることができます。

もともと間食癖のある方にはしゃぶしゃぶのほうが向いているかもしれません。

ダイエットに向く上手なお店の選び方

ダイエットをしている方は焼肉もしゃぶしゃぶも食べ放題のお店は遠慮したほうがいいかも
しれません。

一般的にどちらも一皿のお肉は60g~80g程度ですが、
もとを取るためについ5皿、6皿とすすんでしまいガチです。
さらに付属のごはんやうどん、最近ではカレーやお寿司まで食べ放題に
なっているためついつい炭水化物を多くとってしまう傾向にあるからです。

個人的な感覚としては少し高級なお店(値段の高め)な人気店を予約すると
家族と一緒に美味しいものを少し頂く感覚でおすすめです。
例えば食べログサイトなどで検索する場合には
画像も大事ですが

お客様のレビューを見て、

  • コストパフォーマンスがいい
  • この味でこの値段はありえない
  • また来たい

などのコメントが多くあるはずですので、そのあたりをみて参考にするのがいいかもしれません。

さらに必ずチェックしたい箇所は
予約状況です。
土日などはたいてい多く埋まっていますが、
平日もチラホラ満席部分がある場合には
やはり人気店で、リピーターも多いはずです。

ランキングや点数評価はどのようにして決まるかは
わかりませんが、2ページ面でもこのような店は
ありますので吟味して探すことも大事な検索ポイントです。

比較見出しに戻る

ダイエットに向く上手な食べ方

お店選びができたらあとはダイエットにおすすめの上手な食べ方です。
上記の表は一般的なカロリー計算よりも少し高めな設定になっています。
というのも
焼肉にもしゃぶしゃぶにも漬けダレがあり
これがわりと高カロリーになっているからです。

次にそれぞれのおススメの食べ方(かなり個人的な意見が入っています)です。

焼肉編

焼肉はタレの味でお店が決まってしまうほど
タレの味は重要です。
しかし、そこはぐっと我慢

なるべく塩で食べるのがいいと思います。
塩は肉のうまみを引き出し、タレとは違う肉本来の味を
堪能できるからです。

さらに、お店の人にワサビをもらいましょう。
ワサビには食中毒防止や抗菌作用があります。
そして脂分をさっぱりさせてくれる効果もありますので
カルビなど脂っぽい肉にはおすすめです。

ワサビの効果

  • アリルイソチオシアネート(辛み成分)による食中毒防止
  • スルフィニル成分による血流改善、冷え性改善
  • グルコシノレートによるがん予防
  • デトックス効果

ただし、チューブのワサビは効果は半減です。
生わさびがあるとベストです。

焼肉を食べるとお酒もすすみ
ついでにご飯も食べたくなりますよね。

炭水化物を制限している方には
こんな食べ方がおすすめ。

焼肉屋での焼きおにぎり画像

焼肉屋での焼きおにぎり

ごはん一つを家族で注文して
三分の一くらいのご飯を茶碗でクルクルと俵じょうにします。

あとは焼くだけ。
タレの大量使用は厳禁です。
せっかくセーブした糖質がだいなしです。

低糖質レシピはたったこれだけ?!炭水化物をおさえられる秘密の方法
「しらたき」と「もち麦」を使うだけで低糖質レシピになる一般的に炭水化物は食物繊維と糖質の合わさったもです。食物繊維は必要だけど、糖質は病気やダイエットの天敵...

楽しみも増えてカロリーや糖質もかなり抑えられると思います。
焼きおにぎりは少し恥ずかしいですが、
そこは勇気をもってチャレンジしてみてください。

しゃぶしゃぶ編

しゃぶしゃぶの場合は
とにかくメニュー選びです。
どうしても牛肩ロースなど脂分が多い肉を選択しがちです。
が、牛肉を控えめに豚肉を選択することをおすすめします。

カロリーだけでいうと約半分ですが、何より豚肉の脂分は腹持ちします。

そしてゴマダレではなくぽん酢ダレを選択しましょう。
味に物足りない方はもみじおろしなどの薬味がおすすめです。

豚肉とぽん酢の組み合わせでカロリー、糖質を抑えることができます。

糖質制限でわかる肥満のメカニズム
最近のダイエットの主流は糖質制限? 最近のダイエット関連でよく耳にする「糖質制限」。理由は、糖質の多い食事が糖尿病やメタボリック症候群、がんなどの大きな病...

さらにしゃぶしゃぶの場合は、
うどん、雑炊が食べたくなりますが、
肉や野菜のだしを含んだ状態のだし汁には
カロリーが高くなるのでここは控えましょう。

まとめ

あくまでも個人的な見解であり食べ方体調、好みなどにより
個人差があることは否めませんが
ダイエットというカテゴリーを大きくすると
脂控えめになる焼肉
腹持ちに最適なしゃぶしゃぶ
になるのではないでしょうか?

どちらにも共通して言えることは
タレの使い方で大きくダイエット効果に左右することです。

また、ごはん、うどん系の炭水化物
デザート類を抜くことはダイエット中の方には
必要かもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

人生折り返し地点で最大の挫折。夢を追うことも諦めていたある日、突然奮起。 「中年にも夢を追う権利はある」をモットーに 夢を追う=健康でなくてはいけない方程式をもとに様々な健康法にチャレンジ。 元気になった今、仕事に生活に趣味に精を出している。 好きな食べ物は焼肉と納豆。