【体に必要な油のこと】健康に良いオメガ3系脂肪酸の効果

体にとって油は絶対必要なもの。
しかし、一般的に言われている油にはいくつかの種類があります。
その中でも、体に必要な油、摂ってはいけない油についてのご紹介。

最近、スーパーのレジ付近でもよく見かけるアマニ油。
アマニ油はオメガ3と言われているもの。
それではいったいオメガ3とはどんなものなのか見てみましょう。

食べて食べてアンチエイジング

油は大きくわけて体内で作れる油と体内で作れない油との2種類に分かれます。

体内で作れる油

  • 飽和脂肪酸
  • オメガ9
  • 体内で作れない油

  • オメガ3
  • オメガ6
  • このようにわかれるわけですが、
    人間の体は、飽和脂肪酸は有害物質とされ必要なく、オメガ3,6,9をバランスよく摂る必要があります。

    それでは、実際にこの分類された油がどのような働きをしているのかを見ていきましょう。

    オメガ3とは

    オメガ3という名称は、脂肪酸を構成している炭素の終わりから何番目に二重結合があるのかのことで、末端から3番目に二重結合があるのがオメガ3系脂肪酸というわけです。
    といっても名前については難しするので、さくっとその効果について説明しましょう。

    EPA、DHA、αリノレン酸が豊富な油のことです。

    一般的には青魚の油えごま油チアシードオイルアマニ油に多く含まれています。特に最近でアマニ油はよく見かけますよね。

    これらの油は体に入るとDHA・EPAに変換されます。

    細胞の機能を高め、血液中の脂質濃度を下げる働きがあります。善玉コレステロールの働きを高めコレステロール値の改善する作用動脈硬化の予防認知症の予防などの健康作用が期待できるオイル。

    オメガ3系高品質のサプリAOZA。
    高級エキストラヴァージンオイルが1粒30円


    具体的症状の改善例

    それでは、このオメガ3がもたらす効果について具体的症状を見ていきましょう。

  • 脳・認知症予防
  • 動脈硬化や心筋梗塞などの心疾患
  • 脳梗塞などの脳血管疾患
  • 腸内環境を整える
  • 血流促進効果
  • 中性脂肪の代謝や合成を抑制する働き
  • 女性ホルモン調整作用
  • 便秘改善効果
  • メタボ改善
  • オメガ3の油は酸化しやすく効果が薄れるどころか有害になることがあるため取り扱いにはいくつかの注意も必要です。

    炒め油など、加熱調理に使用してはいけません。40度以下で食べるようにすれば酸化の心配もαリノレン酸の変質も起こらず安心です。
    保管は酸化を防ぐため冷蔵庫で保管し、開封後は早めに使用しましょう。

    オメガ6との摂取バランスについて

    オメガ3とオメガ6は摂取しないとドンドン不足していきます。
    なのでバランスよく摂取していく必要があります。

    オメガ6に含まれるリノール酸を摂りすぎると、体内で炎症を引き起こしてアトピーやアレルギーの原因となります。
    アマニ油のαリノレン酸は、リノール酸が炎症物質へと変換されるのを防ぐ働きをします。
    そしてオメガ3は普段の食生活では中々摂取しにくく、バランスも悪いためアマニ油などで摂取する必要があるのです。

    女性にとっておきの効果

    女性にとって特に素晴らしい効果を紹介します。アマニ油には、女性ホルモンを調整する作用があるのです。

    オメガ6の摂取量をおさえずに、アマニ油をプラスで摂取するとなるとカロリーオーバーになるので注意も必要です。
    ホルモンバランスを整える事によって、更年期障害の改善効果も期待できます。
    リグナンには抗酸化作用もあります。細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果も期待できます。

    アマニ油は空気に触れると非常に酸化がしやすいという特徴があるので冷蔵庫で保管し、開封後は早めに使い切りましょう。

    オメガ6

    てんぷら油画像

    オメガ6は調理でよく使われます。

    オメガ6は調理などで使われるため、摂取量としては過剰気味になります。
    しかし、ダイエットなどで油分を控えすぎて、摂らなすぎもよくありません。

    健康なダイエットをするには、油の採り方を上手にすることも大事なのです。

    オメガ6はリノール酸が豊富な油のこと。

    紅花油グレープシードオイルひまわり油コーン油大豆油サラダ油などに多く含まれるます。
    一般的に、サラダ油などは普段の食生活でも十分に摂取しているはずです。

    オメガ3と共に細胞膜を作り、体の機能を調整する働きがあります。

    オメガ6は一部体内においてVリノレン酸に変換され、抗炎症に働く物質を作りますが、摂りすぎると逆に炎症が生じやすくなってしまいます。摂取量に注意が必要です。

    オメガ9

    オメガ9画像

    オメガ9

    オメガ9は体内で作り出すことができる栄養素で、必須脂肪酸ではありません。
    人が生きていく上で不可欠な栄養素ではないのです。

    オレイン酸が豊富な油。オリーブオイルキャノーラ油(なたね油)、アボガドオイルなどに多く含まれる。オレイン酸は、善玉コレステロールはそのまま保ち、悪玉コレステロールのみを下げるという作用があります。生活習慣病の予防につながり、便秘解消効果もある健康オイルですが、オメガ3ほどの効果は期待できません。

    トランス脂肪酸

    トランス脂肪酸は人間の体には必要ありません。

    マーガリンやショートニングなどの加工油脂のことで、別名「食べるプラスチック」「狂った油」とも呼ばれているくらいです。
    体に害しかないので、摂取は控えましょう。マーガリンやショートニングの使用は止め、加工品の原材料にこれらやファットスプレッド、加工油脂などの表示があるものはなるべく避けましょう。

    オメガ3の上手な摂取方法

    摂取量

    摂取量の目安は小さじスプーン1杯
    ポイントは熱を加えない事だけ。料理に使う際には最後に回しかけるようにして。

    摂取調理方法は

  • サラダにかける
  • 上からスプーン1杯を回しかけ

  • 豆腐にかける
  • 健康料理の最高峰

  • 納豆にまぜる
  • これこそおすすめ健康レシピ

    ブロッコリーの栄養素を無駄にしない調理法【知らないと損する】
    ブロッコリーでアンチエイジングしよう緑黄色野菜の代表、ブロッコリー。解毒作用や肝臓に効果を発揮することでは有名ですが、最近の研究では発達障害や他の多くの効果...
  • パスタにかける
  • 少し冷めた時に混ぜましょう。

  • お味噌汁に入れる
  • 味噌汁程度の熱さなら問題なし。

  • スムージーに入れる
  • フルーツが入るとカロリー過多になるので注意!

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    オメガ3はスプーン1杯を毎日こつこつと摂取する事が大事なことです。



    ABOUTこの記事をかいた人

    人生折り返し地点で最大の挫折。夢を追うことも諦めていたある日、突然奮起。 「中年にも夢を追う権利はある」をモットーに 夢を追う=健康でなくてはいけない方程式をもとに様々な健康法にチャレンジ。 元気になった今、仕事に生活に趣味に精を出している。 好きな食べ物は焼肉と納豆。