二日酔いの頭痛に効く治し方~食べ物編【知らないと損する】

この時期(この記事は12月初めに投稿)になると、忘年会シーズンとなり仕事も忙しくなります。当然二日酔いも気になりますよね。

そこで”二日酔いの頭痛”に効果があるとされる治し方を紹介。

もともと筆者の私も大のお酒好きなのですが、年齢を重ねるごとに次の日のお酒が抜けにくく、翌日の半日間は仕事も進まない状態。当然悪循環となり、連チャンの忘年会などあると、二日目はほぼ放心状態。

こんな経験ってありますよね。

つい先日のこと。

とある焼き鳥屋さんから少し高級なクラブへ。久しぶりのクラブ活動でわくわくしながら店に入ると、何やら年配者の方とママさんが口論。
店も混んでいたため、運悪く?その隣の席へ。

年配者の言い分はこうだ。
「何で人が気分よく酒飲んでるのに、柿とかグレープフルーツの入った盛り合わせなんか持ってくるんだよ!あほっ!何がサービスだ!」

私には言っている意味が全く理解できない。するとママさんが、
「お客様からのリクエストでこのメニューがあるの。二日酔いが楽になるのよ。」

あーあ、なるほど。。
この店では、帰りしなのお客様にサービスでフルーツを提供しているわけだ。
でもいったいこの年配のお客さまはなんで怒っていたんだろう。。。。

しばらくしてそのお客様は退散。ママさんが私のテーブルにご挨拶に。せっかくなので聞いてみた。
「なんでさっきのお客さんは怒っていたの?」

するとママさん、
「柿とグレープフルーツは二日酔いにとってもいいの。あるお客さんからのリクエストで出してみたら好評で、好評で。次の日の仕事も差し支えないくらい効くからって。でも先ほどのお客さんは、飲み屋で酒を抜く効能食べ物を出してどうするんだ!失礼だろって。」

聞いてやっと理解できました。言い分わからないでもないけど、やっぱり二日酔になるよりははるかにいいと思うのですが。。

忘年会で活躍!居酒屋ダイエットとは?
寒くなってくると、コンビニや駅など、あちらこちらで、クリスマス特集やおせち注文のチラシや看板を目にします。今年も終わりだなーと感じるようになります。そう、忘...

ってことで調査開始。

二日酔いに効く治し方のまとめ

そもそもなんで二日酔いになるの?

飲んだ翌日の頭痛や吐き気などの不快な症状を総称して二日酔いと言います。

では、なぜ二日酔いになるのでしょうか?

二日酔いのメカニズム

詳しくは解明されていないが、一般的にはアルコールが体内でアセトアルデヒドに分解されます。
アセトアルデヒドは肝臓で分解されますがその量は限られています。
その脱水作用、アルコールの代謝でビタミンの利用が高まり、ビタミン不足となります。
ですから二日酔いはアルコールそのものではなく、毒性のアセトアルデヒドの分解中に発生するものなのです。
※諸説あり正確には解明されていません。

アセトアルデヒドとは有害物質であり血中のアセトアルデヒド濃度が高くなると頭痛や吐き気を起こします。このアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素の働きにより酢酸に分解され、さらに水と二酸化炭素に分解され体外に放出されます。

このメカニズムから判断すると、二日酔いから解放されるには

  • 水分
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 糖分
  • が必要となります。

    無農薬や有機栽培・自然農法の農産物なら【ふるさと21】
    旬のフルーツや野菜、全国のお米など取り揃えています!
    https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2Z8MEL+EJXH4I+3DUE+60H7N

    二日酔いに効能がある食べ物とは

    柿にはタンニンという成分が含まれています。
    このタンニンはアセトアルデヒドに反応して体外に排出させる働きがあります。

    そして柿にはもう一つ、カタラーゼという酵素が含まれています。カタラーゼにはアセトアルデヒドの分解を助ける働きがあるため、二日酔いに効く食べ物とされているのです。

    更に柿にはビタミンCが豊富に含まれています。人間の1日に必要なビタミンCの摂取量を柿1つで補えてしまうほどです。

    グレープフルーツ

    グレープフルーツ画像

    グレープフルーツは二日酔いに効く!

    グレープフルーツには果糖(フルクトース)ビタミンCが多く含まれています。
    この2つはアセトアルデヒドを分解サポートをする働きがあります。

    さらにグレープフルーツにはクエン酸が含まれます。クエン酸には肝機能を高める働きがあります。
    更に胃の粘膜を保護する働きもありますので、胃腸から吸収されるアルコールの刺激を緩和します。

    また、アルコールを摂取すると体内は酸性よりになっています。クエン酸はアルカリ性なので摂取することによって体内をアルカリ性に保つことができます。

    しじみの味噌汁

    しじみの味噌汁画像

    〆はしじみの味噌汁

    しじみは二日酔い解消のサプリメントがでるほど二日酔い解消で有名な食べ物です。
    しじみには沢山の良質な成分が含まれています。
    代表的なものはタウリンオルニチンです。

    タウリンは胆汁を出すのを促すため解毒作用があります。

    そして何と言っても、オルニチンです。オルニチンは肝臓の働きの邪魔をするアンモニアを分解する働きがあります。

    さらに味噌汁にはコリンという成分が含まれています。このコリン肝臓に入ったアルコールが、脂肪になって溜まるのを防ぐ働きをします。

    ということで、しじみと味噌汁は非常に相性が良くダブルの働きをしてくれるため二日酔いには大変効果的なのです。

    味噌汁の驚くべき効能

    更に味噌汁にはこんな効能もあるため食べるタイミングによっては他の効果も期待できます。

    味噌汁で質の高い睡眠をゲットする!
    質の良い睡眠を手に入れるには味噌汁が必要不可欠であった。早く寝なくてはいけない・・・11時には布団に入ったのに・・・いっこうに眠くならない。明日は朝から大事な...

    はちみつ

    はちみつ画像

    はちみつは二日酔いにも効く

    肝臓がアルコールを分解するには糖分が必要になります。はちみつには良質な果糖が含まれているためアセトアルデヒドを分解するサポートやくになります。

    はちみつ専門店などに行くとよく二日酔いにははちみつがおすすめなどのポスターもみます。
    はちみつはお酒を飲む前に水やお湯でスプーン一杯を溶かして飲むのも効果があるそうです。

    食べ物以外の二日酔いの治し方

    頭痛の画像

    二日酔いを予防しよう!

    食べ物での解消法以外にも二日酔い防止はたくさんあります。
    人によって、飲み方によってそれぞれ二日酔いのでる症状は違います。
    ビール1杯、焼酎1杯でも二日酔いにはなるのですから。

    睡眠

    やはり何と言っても睡眠なのでしょうか。あまり深酒をしないようにして十分な睡眠をとることが大切です。お酒が入っている時は体が脱水状態になっているため、必ず十分な水分をとってから寝ることも大切なことです。

    予防

    飲むとわかっている時には特に飲む前に二日酔いに効く食べ物を口にするか、サプリメントなどで補うことでかなり二日酔い予防できます。




    まとめ

    そうは言っても中々断れないお酒の席。
    二日酔い予防も大切、二日酔いになった時の対処も大切です。
    しかし、全部をやって万全なんてこともありません。
    どれか一つでも覚えておく、やってみる程度の軽い気持ちの方がいいと思います。

    忘年会シーズンに突入、お正月、新年会とお酒の席が続くシーズンです。
    しっかりと体調管理をしてお酒の席を楽しみましょう!!

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生折り返し地点で最大の挫折。夢を追うことも諦めていたある日、突然奮起。 「中年にも夢を追う権利はある」をモットーに 夢を追う=健康でなくてはいけない方程式をもとに様々な健康法にチャレンジ。 元気になった今、仕事に生活に趣味に精を出している。 好きな食べ物は焼肉と納豆。