韓国料理タッカルビこれから人気になるレシピは

最近巷で流行っていると韓国料理タッカルビの人気レシピを紹介します。

タッカルビってどんな料理?

ひと昔前に韓流ブームがありましたよね。発祥はペヨンジュン?冬のソナタにヒントあり。と何のことやら・・ですが、
あの冬のソナタのロケ地であった春川(チュンチョンと読みます)という場所がタッカルビの発祥らしく、鶏肉と野菜をピリ辛に炒めた料理のこと。
ちなみに、「タッ」は鶏肉のこと。「カルビ」はあばら骨の意味です。日本で言うカルビの意味と少し違いますよね。
だから豚カルビはテジ(豚)カルビと言います。まあ、正確には豚というより猪なんですが。。
と韓国通の私の小言は置いておいて・・

そのタッカルビが最近日本では大人気であり、チーズと組み合わせたチーズタッカルビなどは2017年のレシピ大賞になったほどらしいですね。

タッカルビの人気の秘密

タッカルビがなぜこんなに人気が出るようになったのでしょうか?
おそらくですが、やはり鶏肉、野菜料理ということで、ヘルシーですし、もともと「焼鳥」など日本人は鶏肉が好きってことが一番なのかもしれませんね。
しかも、あのピリ辛味とチーズの組み合わせは辛さだけを強調しないことから、食べやすさは確かに抜群です。

私が20年前に初めて韓国へ行ったときは、タッカルビなどはまるで食べる気がしなかったのですが、それはやはり辛さを強調されすぎた料理という印象があったからです。

タッカルビの作り方

タッカルビは鶏肉、野菜料理

タッカルビは韓国料理の中でも人気となっている

タッカルビの作り方は簡単。

  1. 鶏肉(もも)を一口大に切ります。
  2. 鶏肉に調味料(コチュジャン、醤油、にんにくスリおろし)をつけます。
  3.      調味料は好みです。お皿に先に作って味見をしながら調整しましょう。
         30分以上つけておきます。

  4. 玉ねぎ、にんじん、キャベツと一緒に炒めます。
  5.      大量に作れるので、大きなフライパンがいいでしょう。
         ホットプレートなどで焼肉風に家族で食べるにはおすすめです。

さらに調理を簡単にするには

市販のキムチと一緒に鶏肉をビニール袋に入れてもみ込んで、焼くだけでできます。
味がしょっぱい、辛い時にはハチミツを混ぜると辛味がとれてコクがでます。
逆に物足りない場合にはコチュジャン、醤油を入れると味にメリハリがつきます。

間違いなく人気が出る家庭で作る簡単レシピ

この先はタッカルビを更に美味しくするレシピの紹介です。

春巻きにする

チーズタッカルビ春巻きは人気のレシピになります。

春巻きの皮には表裏があります

  1. 春巻きの皮にスライスチーズ(お好みでチーズの量を調整)、鶏肉、キムチを巻きます
  2.      

    春巻きの皮には表裏があります。手で触ってザラザラしている方に具を入れるのが正解です。画像でも1つ表裏反対にしてあります。表裏反対にしても味には何も変わりません。個人的には表裏反対の方が食感がザラザラで既製品と違う感覚が好きですが・・
  3. 巻いた春巻きを油で揚げます。
  4.      フライパンに少し多めの油で焼く感覚でも十分です。
         油の節約、お手軽さ満点ですのでおすすめ調理法です。

タッカルビとチーズの組み合わせはダイエットにも最適な料理

鶏もも肉にはタンパク質に加え鉄分、ビタミンB2も豊富です。
更にキムチにはナトリウム次いで食物繊維やカリウム、ビタミンCやビタミンB群が豊富です。乳酸菌の多い発酵食品としても有名ですよね。
チーズは脂肪も多く一見ダイエット向きではなさそうですが、チーズの脂肪は細かい球状になっており、大変燃焼しやすい形をしています。脂質は艶やかな髪や肌を作るのに欠かせない物質。しかも脂質は腹持ちがいいので、チーズを食べると長い間空腹感を感じずに済みます。ですからダイエット中のおやつにはチーズがぴったりとも言われているのです。

腸内環境まで整えてくれる肉料理は少ないのではないでしょうか。

【おなかのこと】腸内フローラって最近よく聞くけど
"腸内フローラ"って最近本当によく耳にするけど。。っていったいなんでしょうか?まずはフローラの意味から翻訳的に言うとflora=全植物う~ん。どうなんでし...

これらの組み合わせですから、ダイエットには最適な料理なのです。

キムチやチーズには塩分も多いので、調味料をつけ加えると塩分摂りすぎになるので注意しましょう。

そろそろ平昌オリンピックもはじまりますし、この冬は韓流ブーム再来という気持ちでタッカルビを召し上がってみたらいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

人生折り返し地点で最大の挫折。夢を追うことも諦めていたある日、突然奮起。 「中年にも夢を追う権利はある」をモットーに 夢を追う=健康でなくてはいけない方程式をもとに様々な健康法にチャレンジ。 元気になった今、仕事に生活に趣味に精を出している。 好きな食べ物は焼肉と納豆。