ブロッコリースプラウトとカイワレの違いとは~それぞれの効能とレシピ

最近よく耳にするブロッコリースプラウト。ブロッコリーとカイワレはわかりますが、スプラウトとはいったい何のことでしょうか?
スプラウトとは新芽のことです。

カイワレは大根の新芽、ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽です。

見た目はそっくりですが、大人になると大きく変わるということですね。当然野菜の種類が違うので、栄養価なども変わるのですが、いったいこの2つ何がどう違うのでしょうか?

ブロッコリースプラウトとカイワレの違いをいろいろ比較

それでは、ブロッコリースプラウトとカイワレの比較をしてみましょう。

ブロッコリースプラウトはアブラナ科アブラナ属
カイワレはアブラナ科ダイコン属

になり、異なった食材です。

味の比較

味は全くと言っていいほど違います。
カイワレは大根ですので、辛味があるのが特徴です。
ブロッコリースプラウトにはほぼ味がありません。

栄養素の比較

100 gあたりの栄養価

かいわれだいこん            
エネルギー 21 kcal       
炭水化物3.3 g
脂肪1.2 g
タンパク質1.9g
β-カロテン160 μg
ナトリウム 5 mg
カリウム 99 mg
カルシウム 54 mg
マグネシウム 33 mg
鉄分 0.5 mg
水分 93.4 g
ブロッコリースプラウト          
エネルギー 29 kcal       
炭水化物2.7g
脂肪1.2 g
タンパク質2.1 g
β-カロテン1440μg
ナトリウム115mg
カリウム 99 mg
カルシウム33.7 mg
マグネシウム21.6mg
鉄分0.5 mg
亜鉛 0.3 mg
水分 93.7 g
             

と一見大きな差はないようですが、
実はブロッコリースプラウトには密かな栄養素

スルフォラファン

の存在があるのです。

スルフォラファンって何?となるのでその効能をみていきましょう。

効能の比較

カイワレにもブロッコリースプラウトにもそれぞれ体に良いとされる栄養素があります。

カイワレに含まれるイソチオシアネート

イソチオシアネートと呼ばれる辛味成分のことで、強い抗菌作用があります。
そのためよくお刺身などにも添えられています。
さらに睡眠を促す効果もあり、寝不足の方にはとてもいい食材です。

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファン

  1. 解毒作用
  2. 肝機能の改善
  3. 抗酸化
  4. 花粉症の抑制
  5. 脱メタボ効果

【合わせて読みたい記事】

二日酔いの頭痛に効く治し方~食べ物編【知らないと損する】
この時期(この記事は12月初めに投稿)になると、忘年会シーズンとなり仕事も忙しくなります。当然二日酔いも気になりますよね。そこで"二日酔いの頭痛"に効...

【スルフォラファンを他から摂るには】

スルフォラファンはブロッコリー以外でも摂れるの?
スルフォラファンの効能はこちらの記事で紹介してます。まさにアンチエイジング仕様といった栄養素ですね。そのスルフォラファンは他の食材からの摂取は可能なのでしょ...

ブロッコリースプラウトのレシピ

ブロッコリースプラウトにはカイワレほどの辛味やくせがないので、何と合わせて食べても基本的にはあいます。
ハムやチーズなどの塩分が強めの食材と合わせると調味料など使わず健康レシピにもなります。

おすすめレシピは

納豆にはブロッコリースプラウトと相性ばっちり

納豆との組み合わせは最高です!

納豆ご飯にしてブロッコリースプラウトを混ぜるだけ。
ぼそぼそして食べにくい時にはオメガ3のアマニオイルを数滴たらすと食感が滑らかになります。
時間のない朝にはもってこいのレシピです。

【体に必要な油のこと】健康に良いオメガ3系脂肪酸の効果
体にとって油は絶対必要なもの。しかし、一般的に言われている油にはいくつかの種類があります。その中でも、体に必要な油、摂ってはいけない油についてのご紹介。最近...

カイワレのレシピ

カイワレは辛味成分が強いため、味にくせのない食材と合わせるのがベストです。
サラダはもちろんですが、一緒にもやしなどを混ぜると食べやすくなります。
更に、冷ややっこなどの豆腐料理にもあいます。

ブロッコリースプラウトの保存方法と使い方

ブロッコリースプラウトはスーパーではパックに入っている
ブロッコリースプラウトはスーパーではカイワレやベビーリーフなどが売っているコーナーにあります。
ほとんどが画像のようにパックに入って売っています。

冷凍保存できるのか

家族で使うには1パック使い切りできますが、人数の少ない場合などには余ってしまいます。
いったいどうしたらよいのでしょうか?
と考えますよね。

基本的には冷凍保存できます!

冷凍保存ができるので便利食材なのですが、注意も必要です。

再度使う場合、解凍時の水分は捨てないで使おう!大事な栄養分が全部逃げてしまいます。茹でて使用する場合も同様にゆで汁を使うようにしましょう。

保存期間

3日~5日くらいの間に食べきりましょう。
シナシナになり、少し変色したころは避けた方がいいでしょう。

パックに入っているけど、水で洗うのか?

出荷時に洗浄されているので、基本的には洗わないで食べて大丈夫です。
下にある茶色のブツブツが気になる方は、一度ボールなどに入れて水に浸すと浮き上がってきます。

使い方

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンは熱に弱いため生で使うのがおすすめです。
万が一、熱を入れる場合には出てきた水分も一緒に使いましょう。

ブロッコリーの栄養を効果的にする調理法はこちら

ブロッコリーの栄養素を無駄にしない調理法【知らないと損する】
ブロッコリーでアンチエイジングしよう緑黄色野菜の代表、ブロッコリー。解毒作用や肝臓に効果を発揮することでは有名ですが、最近の研究では発達障害や他の多くの効果...

ABOUTこの記事をかいた人

人生折り返し地点で最大の挫折。夢を追うことも諦めていたある日、突然奮起。 「中年にも夢を追う権利はある」をモットーに 夢を追う=健康でなくてはいけない方程式をもとに様々な健康法にチャレンジ。 元気になった今、仕事に生活に趣味に精を出している。 好きな食べ物は焼肉と納豆。