今日から変えよう正しいスクワット運動

体が固い画像

スクワット運動は危険!は本当か

 

ふるふる
K子くん、スクワット運動を
したことはあるかい?
事務員K子
はい、あります。
学校のクラブで・・
でも途中禁止になったので
よく覚えています。
ふるふる
それはみんなが知っているスクワット運動は
危険だったからだよ。
事務員K子
はい、そう聞いてます。
でもいったい何が危険なんでしょうか?
ふるふる
両手を頭の後ろで組んで
しゃがみ込む
これが一般的なスクワット運動。
事務員K子
ですね。
何回かで足がぶるぶると・・
ふるふる
そうなんです。
その姿勢でやると
どうしても前傾姿勢になって
つま先に体重がかかり
膝に大きな負担がっかる。
ふるふる
そもそもこれが間違えなのさ。
事務員K子
・・・
ふるふる
わかりにくいですよね。
今の説明だと・・
事務員K子
・・はい。
ふるふる
正しいスクワット運動は
足を肩幅に広げ
両手を上に持っていき
重心をかかとにかける。
そして反動を使い
しゃがみ込む
事務員K子
全く反対の姿勢ですね。
ふるふる
そうなんだ。
こうすることによって
膝に負担をかけずに
脚力運動になる。
事務員K子
なるほど・・
ふるふる
ただ、注意しなくてはいけないのが
絶対に膝が足の先よりも前に出ないように!

あまり無理をしないこと!
なんですよ。
事務員K子
はい。
ふるふる
若い人ならともかく・・
我々のような中年は、
今までの育った環境や
運動能力によって体の
仕上がりはそれぞれ
大きく異なるから
1度に沢山やらず、
とにかく自分にあったように
運動することが大切なんだ。
事務員K子
はい。
そうだと思います。
我々・・
私も中年・・
ふるふる
・・う~ん
30歳過ぎたら中年枠
事務員K子
はい。
私も中年。
無理せず頑張ります。

正しい姿勢のスクワット運動は危険ではない!

前述のとおり、
正しい姿勢で行うスクワット運動は危険ではありません。

ひと昔前に危険と称され
学校教育で禁止されてきたのは
間違えた姿勢で
膝に大きな負担をかけて
成長を妨げてきたからです。

もちろん、今でも体重の大きい方が
この運動で鍛えぬくのは大変危険です。

最初に始めるのは
数回から。

少し慣れてきてから
回数を増やす。

そして
最後に

決して無理をしないこと!
が大事で、健康法を持続させる方法です。

ABOUTこの記事をかいた人

人生折り返し地点で最大の挫折。夢を追うことも諦めていたある日、突然奮起。 「中年にも夢を追う権利はある」をモットーに 夢を追う=健康でなくてはいけない方程式をもとに様々な健康法にチャレンジ。 元気になった今、仕事に生活に趣味に精を出している。 好きな食べ物は焼肉と納豆。