血圧計の種類 価格の違いを検証してみた結果わかること【健康のしらべ】

2018年に入り、胸の圧迫感があったため心臓の専門病院に行くことになった。毎回診察に行くとロビーに設置してある血圧計で血圧を測る。自分が持っている家庭用の血圧計とは少し違う。

病院に行くたびに思うことだが、なぜ血圧を測るだけなのにこんなにも種類があって価格も違うのか疑問に思っていた。

しかも家電量販店に行くと安いものと高いものの価格がまるで違うのである。

早速、その価格の違いは何なのか調べてみることにした。

いつもは忘年会や新年会のビンゴの景品であたるものばかり使っていたので今回は自分で購入しようと思い記事したのです。

血圧計には2種類ある。上腕部で測定する上腕式と手首で測定する手首式である。
どちらも正しい測定姿勢、測定方法であるならば測定精度に変わりはないという。

確かに、どの血圧計にもそのような説明書きが書いてある。

と、やはりなぜ2種類もあるのだろうかと思っていると、単純に手首式は持ち運びに便利で場所も取らないため家庭で血圧を測るのは便利なようです。一方上腕式のテーブルなどに置くタイプの固定式だと場所もいるし、決められた場所での測定ということで若干不便である。

手首で測定する手首式

家庭用は手首式が便利なのか

家庭用の血圧計は、無駄に場所も必要とせず出先でも簡単に測れるため多く出回っているようです。
実際に私もこのタイプです。

上腕部で測定する上腕式

血圧計上腕式の方が正しいのか
病院の廊下などに設置してあるタイプはこのタイプが多く、体を動かさず測定するため測定値も安定するという。

ところが、いくつかの疑問が発生。

洋服の上から測るのか?腕まくりをして測るのか?

病院で見ていると、洋服の上から測っている人と腕まくりをしている人がいた。
私はなんとなくであるが、腕まくりをして測ってみた。

正確に測定するには
腕まくりなどはせず、セーターなどの場合は上着は脱いで素肌で、肌着などの薄い場合はその上から測るのが良いとされている。

右手左手どちらの手で測るのが正しいのか

これもなんとなくであるが、会社の健康診断の時に右手で測定した記憶があり、今回は右手で測定しました。

正確に測定するには
病院の先生に測ってもらう場合には右手が多いようです。しかし、家庭用の場合、利き手で血圧計を操作することが多くなり、左手で測定することが多くなってきているようですね。

正しい血圧の測り方

血圧は測り方によって数字がかなり変わってしまい正しい測定ができなくなるようです。

正しい血圧の測り方
  1. 力を抜いてリラックス
  2.  食事・運動・入浴は測定1時間前に済ませる

  3. 座って測定します
  4.  測定する位置を心臓の高さに合わせる

  5. 毎日同じ時間に測る
  6.  血圧は時間、環境によって変化します。

  7. 信頼できる血圧計を使用する

正しい姿勢、時間など正確な測り方と血圧計は重要なようです。

目次に戻る

血圧計の価格は付属する機能によって違う

最初の問題に戻しましょう。血圧を測るだけなのになぜ価格に大きな差が生まれるのでしょうか?
メーカー別などは理解の範囲ですが、その他にも違いがあるのでしょうか?

  1. 音声機能
  2. 血圧を測る際のカフ(腕に巻くベルト)を締めた時、強すぎないか、弱すぎないかなど正しい測定位置をお知らせしてくれる機能です。

  3. パソコン、スマホに記録してくれる機能
  4. 毎日計測したデータを読み取り記録してくれます。

  5. 早朝高血圧をみつける
  6. 朝と夜に測定した血圧を個別に管理し、早朝に起こる高血圧を見つけ出します。

  7. メモリ機能
  8. 測定したデータから平均測定値を出す機能

使い勝手や種類の好みはメーカーによって様々です。
購入する際には価格だけでなく、必要な機能から見つけ出すことが重要です。

目次に戻る

結局家庭用で使う血圧計はどれがおすすめなのか

個人的には記録の管理がしやすく、医師との連携も図れるパソコンやスマホで管理できる機能付きがおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OMRON オムロン 上腕式血圧計 HEM-7325T【即納・送料無料】【02P03Dec16】
価格:15980円(税込、送料無料) (2018/1/22時点)

海外製品も使いやすさには優れています。

固定式ならやはり定番か

目次に戻る

最後に

3000円から5000円くらいの商品も沢山でていますが、測定にバラツキがあるなどの問題はあるようです。
実際私がそうでした。

また、大事な記録については、毎日のことですからしっかりと管理したいものです。
私も今までは1年に数度(健康診断時、家で気まぐれに)しか測定していませんでしたが、お医者さまのすすめもあって血圧を毎日測ることにしました。
血圧は健康を維持するためのバロメーターになるようです。

【保存版】意外と低い健康意識と健康診断料金の関係
日本の健康に対する意識は欧米諸国と比較すると相当低い水準らしく医療技術の先端を行く国としては非常に残念な報告をされている。国民皆保険に甘えて健康管理を怠り、...

中年の人は健康にいくら使っているのか検証してみた
昨年自分があまりにも健康関連にお金を使うので、世の中の中年層がどれだけ健康関連にお金を使うのかをまわりの人にアンケート協力していただき調査してみました。ちな...

ABOUTこの記事をかいた人

人生折り返し地点で最大の挫折。夢を追うことも諦めていたある日、突然奮起。 「中年にも夢を追う権利はある」をモットーに 夢を追う=健康でなくてはいけない方程式をもとに様々な健康法にチャレンジ。 元気になった今、仕事に生活に趣味に精を出している。 好きな食べ物は焼肉と納豆。